口コミで評判のフェミークリニックを体験!

脱毛後の運動禁止について元看護師に聞いてみた

 フェミークリニックの医療レーザー脱毛はお肌にやさしい脱毛でしかも、安全であることが人気の理由になっています。

その秘密はフェミークリニックが掲げる「オーダーメイド脱毛」にあると言ってよいでしょう。

オーダーメイド脱毛は脱毛をする方をしっかりとカウンセリングすることで、その人のための非常に細かい脱毛プランを作成していくものです。

そのため他のサロンやクリニックで脱毛出来なかった人もフェミークリニックであれば脱毛が出来たという人もいるほどです。

しかも、その徹底的なカウンセリングは安全な脱毛にも当然つながってきています。



 ですが、クリニックのスタッフの目が届かない場所で「脱毛後にやってはいけないこと」をしていた場合にはその安全な脱毛が崩れてしまうこともあります。

そんなお約束事の中には「脱毛後に運動をしないこと」というものがあります。



 そこで元看護師の方に今回はこの脱毛後の運動について聞いてみましたので、その内容をまとめていきます。



脱毛後の運動禁止について元看護師に聞いてみた


1.どのようなリスクがあるのか


2.運動すると赤みや腫れが出やすくなる理由は?


3.運動すると化膿してしまう可能性がある?


1.どのようなリスクがあるのか


 運動をすることでやけどがひどくなってしまうという危険性が上がってしまうのです。

このことにより、お肌が赤くなってしまったり、腫れてしまうなどの状況が出てきたり、もっとひどい症状では毛穴の中が化膿してしまうなどという状況もあるのです。

なぜこのようなリスクが発生してしまうのかというと、それはそもそも医療レーザー脱毛の仕組み上完全にやけどを避けることが出来ないのです。



 医療レーザー脱毛は名前こそ「レーザー」ですが、レーザー光線に含まれた成分で脱毛するようなものではありません。レーザー光を毛が吸収してその場所に高熱が発生してその熱がタンパク質を変質させて脱毛をしていくのです。

タンパク質を変質させるほどの熱量が発生するということは当然毛の周りの皮膚は軽いやけどを負ってしまうのです。



 そのため、やけどを完全に避けることは難しいといえるのです。

2.運動すると赤みや腫れが出やすくなる理由は?


 医療レーザー脱毛が熱で脱毛をするためやけどが避けられないというのは先ほどお話ししましたが、それにしてはやけどのトラブルの件数は非常に少ないですよね?

それはやけどをひどくさせない工夫をしながら脱毛をしているためです。その工夫の中でも最もシンプルかつ効果的なものは脱毛をしながらお肌を冷やすということです。

お肌を冷やすのは当然熱に対する対処ではあるのですが、それ以外でもお肌を冷やすことでお肌表面の血行を悪くしてやけどの被害を小さい範囲でとどめておく効果もあるのです。



 運動の影響は実はこの部分に出ます。運動をしてしまうと全身の血行が良くなりますよね?それは当然お肌表面にも同じことが言えます。そのためお肌表面を脱毛後に温めてしまっているようなもので、やけどの被害を広げてしまう原因になるのです。

3.運動すると化膿してしまう可能性がある?


 脱毛後に毛穴が化膿してしまうというのは本当にひどくなってしまった時です。めったにこのような症状は聞かないので安心してください。

ですが、運動をするとひどくなってこのような症状が出てしまう可能性につながってしまうのです。



 どういうことかというと運動自体はきっかけにすぎません。本当の問題は運動後に書いてしまう「汗」にあります。

汗は体から出てくるときには細菌などは含んでいませんが、その中に含まれる油分にもんだいがあり、油分というのは細菌を吸着しやすいものなのです。

そのためお肌を流れるとどんどん細菌を吸い上げてしまい、不潔なものになってしまうのです。

その細菌を大量に含んだ汗が脱毛後にデリケートになったお肌に触れることで、細菌が感染してしまうことがあるのです。

そのため化膿してしまうのです。



 実はこれ、運動に限ったことではなく汗をかく行為全体に言えることです。脱毛後には十分な注意が必要です。