口コミで評判のフェミークリニックを体験!

VIO脱毛前の自己処理のコツと人気のデザインは?

 フェミークリニックをはじめとした脱毛サロンやクリニックなどでVIO脱毛を受ける際には事前に自己処理を行う必要があります。その際には肌に負担をかけないように丁寧に剃るのがおすすめです。また、人気なデザインは逆三角形に仕上げる、というものです。




【フェミークリニックで人気のVIO脱毛】

 口コミでも評判の「フェミークリニック」をご存知ですか。フェミークリニックは、全身のあらゆる箇所の脱毛を行ってもらうことができる医療機関です。その施術技術から高い評判を集めているので自信を持っておすすめできます。

 是非興味がある方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。本記事ではそんな魅力的な「フェミークリニック」の中でも特に利用をおすすめしたい「VIO脱毛」に関するお役立ち情報を掲載しています。是非参考にしてみてください。



VIO脱毛前の自己処理のコツと人気のデザインは?



  1. VIOの自己処理のコツってあるの?

  2. 脱毛するのになぜ自己処理しなくてはいけないの?

  3. ツルツルよりも小さめの逆三角形が人気!

  4. 痛みを強く感じてしまう時期



VIOの自己処理のコツってあるの?


 VIO脱毛をフェミークリニックで受ける場合、事前に必ずご自身で毛を剃る必要がある点には注意が必要です。その際には無理をして肌を傷つけるような処理は避けましょう。肌に負担をかけない用、電気シェーバーで毛を処理するのがおすすめです。

 また、その際には仕上がり希望の形によってすべき自己処理の仕方が変わってくる点にはご注意ください。フェミークリニックではデザイン脱毛も可能なので、希望のデザインがある場合は、デザインの通り自己処理する必要があります。

 自己処理のコツは初めから電気シェーバーで処理するのではなく、まずはハサミで切ってから処理するとシェービングしやすいでしょう。傷を付けないように、鏡を見ながらゆっくりと行うのがポイントです。


【自己処理のコツ】

  • ハサミで長い毛をカットして、剃りやすい長さにする

  • 毛が短くなったら電気シェーバーで優しくシェービングしていく




脱毛するのになぜ自己処理しなくてはいけないの?


 脱毛を行うためには余分な毛が生えていると行うことができません。これはレーザーの対象は生えている「毛」自体ではなく毛根に対してあるためです。毛がある状態で施術を行うと、生えている毛に反応してしまい、ヤケドのリスクが非常高くなります。また、効果も感じられない可能性があるので必ず剃っておく必要があるのです。

 なお、デリケートな部分なので全体をハサミで短くカットしてから肌を傷つけにくい電気シェーバーで処理するのが自身の経験上おすすめです。また、自己処理を行うべき場所としては自分で無理なく自己処理できる範囲で問題ありません。

 ヒップ奥などの剃るのが難しい部分の処理についてはフェミークリニックのスタッフさんに任せて無理のない範囲で処理していきましょう。


ツルツルよりも小さめの逆三角形が人気!


 VIO脱毛と聞くと、その部分をツルツルに剃り上げてしまうイメージをお持ちの方も多いかもしれません。自分自身そのイメージが強かったがために利用を躊躇していました。しかし実際にはそのようなものばかりではありません。

 確かに全て綺麗にツルツルにしまうことも可能ですが、フェミークリニックならさまざまなデザインや形に仕上げることができるのです。特に人気を集めているのはパッと見が自然に見えるデザインである「逆三角形」にというものです。

 なお、その際には事前行う自己処理時もその形を意識した形で剃ることが必要です。不明点があるときには事前にどういう風に自己処理したらいいか?などを相談しておくのが良いでしょう。


痛みを強く感じてしまう時期


 VIO脱毛に興味がある方の中にはその痛みへの不安から施術の一歩を踏み出せずにいる方も多いかもしれません。そのような不安を解消することを目的にフェミークリニックではVIO脱毛に対して痛みをできるだけ軽減できるように工夫を行っています。そのような点からもフェミークリニックは口コミで評判の理由につながっています。

 一般的には体調が悪いときや寝不足、また生理前後は痛みを感じやすくなる傾向にあると言われています。不安がある方は事前にその旨を相談すれば丁寧に対応してもらえるので遠慮なく相談してみましょう。